スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華料理の食べ方のコツ

  • 2007/04/18(水) 11:22:09

中華は、多くの材料と香辛料そして油を、うまくあわせて料理をするので、複雑な味が楽しめる料理です。そのため、材料や料理の仕方がわかりづらいですね。

煮物だと思って食べても、下ごしらえでは、油・揚げるなど、見た目よりも高エネルギーかもしれません。だから、おなかいっぱい食べるのではなく、必ず油を使って調理をしていることを思い浮かべながら、食べる量を調節したほうがよいでしょう。

長所としては、沢山の野菜を使って料理をしている点でしょう。定食などは何種類もの野菜が入っているので、1食分としては良いでしょう。

外食が多い方は、時々は野菜不足を補うためにも、栄養バランスを考えた食べ方に気をつけましょう。
ただし、油が多い料理なので他の料理で油をとらないような注意が必要です。

中華めんは、そばやうどんよりエネルギーは高めですから、注意して下さい。具がたっぷり入っているメニューを選びましょう。ギョーザやシュウマイなど皮を使った料理は、いつもより主食を減らしましょう。

朝鮮料理は、脂肪の多い肉やモツ類はエネルギーが高いので、あまりおすすめできません。しかし、焼肉は中華ほど油は使ってはいません。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。